News


[コ・フェスタ イベント]
第28回東京国際映画祭記者会見 開催
オープニング・クロージング作品などを発表!

2015.07.28
2015年7月28日(火)第28回東京国際映画祭記者会見が行なわれ、行定勲 監督をはじめとするアジアの気鋭監督らが、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」への意気込みなどを語った!
また、オープニング・クロージング作品や、特集上映作品、審査員長なども発表された。

■ オープニング作品『ザ・ウォーク』
第28回東京国際映画祭のオープニング作品は、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給、ロバート・ゼメキス監督の『ザ・ウォーク』。
1974年、当時世界一の高さを誇ったニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを1本のロープで結び、命綱なしの空中散歩に挑んだフィリップ・プティの驚愕の実話を、アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスが“集大成”にして“最高峰”の技術で完全映像化した話題作。

■ クロージング作品『起終点駅 ターミナル』
クロージング作品は、東映配給、篠原哲雄監督の『起終点駅 ターミナル』。
北海道・釧路を舞台に、人生の終わりへと向かっていたはずの男女が出会い、再び新たな人生へと踏み出す感動の物語が誕生した。2013年「ホテルローヤル」で第149回直木賞を受賞した桜木紫乃の最高傑作を原作に、日本を代表する名優・佐藤浩市、女優としての新境地に挑む本田翼や、尾野真千子、中村獅童、泉谷しげるなど実力派キャストが集結。篠原哲雄監督によって描かれる未来への一歩は、今を生きる全ての人々の始発駅となる作品である。

■ 審査委員長
コンペティション審査委員長は、大胆な映像スタイルと描き込まれた人物造形、そして多作で知られる脚本家、映画監督、プロデューサーのブライアン・シンガー氏に決定。
ブライアン・シンガー氏が大きく注目されるきっかけとなったのは、1995年の犯罪映画である『ユージュアル・サスペクツ』。同作は1995年に開催された第8回東京国際映画祭ヤングシネマ・コンペティション東京ゴールド賞を受賞し、アカデミー賞脚本賞にも輝きました。彼自身が手がけた大ヒット作品『X-MEN: フューチャー&パスト』の続編となる『X-MEN: アポカリプス(原題)』を現在制作中。

第28回東京国際映画祭記者会見 開催 オープニング・クロージング作品などを発表
第28回東京国際映画祭 オープニング作品『ザ・ウォーク』
第28回東京国際映画祭 オープニング作品『ザ・ウォーク』
第28回東京国際映画祭 クロージング作品『起終点駅 ターミナル』
第28回東京国際映画祭 クロージング作品『起終点駅 ターミナル』